ひとりだちするためのビジネスマナー&コミュニケーション これから社会に出る子どもたちのためのテキスト。あいさつ・身だしなみ・会話といった基本的な項目はもちろん、勤労観・職業観を養い、情報セキュリティ等のトラブル対応までもが身に付きます。豊富なフルカラーイラストとルビ入り、大きな書き込みスペース。

特別支援学校の生徒はもちろん、就労移行支援・継続支援の施設や作業所等でもご活用頂けます。
また特例子会社等で、新人研修用としてもご活用頂けます。

これから社会に出る子どもたちのための
ビジネスマナーとコミュニケーションが身につく1冊

2013年11月発売の新刊!
子どもたちが学校を卒業した後、生活をしていくうえで必要なビジネスマナーとコミュニケーションを学べる書き込み式のテキストです。あいさつ・身だしなみ・会話といった基本項目から、情報セキュリティや、勤労観・職業観を養う項目まで。 イラストを豊富に使い、ルビをふりました。

なぜ働くの?

「働く意味」や「なぜ働くのか」、「なぜマナーが必要か」という総論からスタートします。ただ単にマナーやコミュニケーションを学ぶのではなく、土台となる勤労観・職業観を養うために、子どもたち自身が「働くこと」や「マナー」について考えるページを設けています。

基本のビジネスマナーが分かる

あいさつや身だしなみはビジネスの基本です。身だしなみでは、シーンごとにOKとNGのイラストを両方載せ、子どもたちが視覚的に分かるようにしています。また、清掃・物流、小売・飲食、事務・コンピュータのように、業種別に服装のイラストを載せる等の工夫をしています。

コミュニケーションが身につく

職場で円滑に人間関係をすすめるための、コミュニケーションの基本を学べます。報連相の基本や、電話・来客応対、メモの取り方といっ た基本から、指示の受け方・頼み方・断り方のページも設けています。自ら積極的に動き、会社に貢献しようという姿勢を育みます。

覚えるだけのマナー本は終わり!細かい工夫や配慮が詰まった1冊

一般のビジネスマナー本とは違い、「なぜ働くの?」「なぜマナーが必要なの?」といった総論にも触れています。また、子どもたち自身が考え、書き込みをすることでより身につきやすく工夫しています。

フルカラーイラスト満載なので、興味をひきつけます

随所にイラストを配置したことにより、子どもたちの興味が題材にひきつけられます。
イラストをふんだんに取り入れることで、理解も進みます。

読みやすく書き込みやすい レイアウト

本文の漢字にはルビをふってあるので、漢字が苦手な子どもでも大丈夫。
また、書き込みのスペースは大きめにとってあるので、安心して書き込めます。

目次

1 社会に出るにあたって

  1. なぜ働くの?
  2. なんのために働くの?
  3. ルールとマナー
  4. なぜマナーが必要か

2 職場に行くまで

  1. 実習中の服装
  2. 通勤中の服装
  3. 身だしなみ
  4. 通勤時の持ち物
  5. 出勤

3 基本のビジネスマナー

  1. 仕事中の服装
  2. 立ち居振る舞い
  3. あいさつ
  4. お辞儀
  5. 名刺交換
  6. 職場での会話の基本
  7. 休憩時間の過ごし方
  8. 整理整頓

4 仕事のコミュニケーション

  1. 報連相の基本
  2. メモを取ろう
  3. 電話対応
  4. 来客対応
  5. 指示の受け方
  6. 頼み方・断り方
  7. 人との接し方
  8. 仕事はみんなでしている

5 トラブルに気をつけよう

  1. 社内のトラブル
  2. 情報セキュリティ

  • 監修:株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 蓮尾登美子
  • 大きさ:B5版80ページ
  • ISBN978-4-931336-18-6 C7037
  • 価格:1,400円+税

このページのトップへ

お薦め商品

このページのトップへ